イオントフォレーシスの家庭用機器 簡単汗ケア10分

イオントフォレーシス家庭用機器の効果は?

汗緩和に特化したイオントフォレーシスは、専門施設に導入されるプロユース以外にホームケア用があって、優れたケアを望む人達の間で知られています。その成果は繰り返し活用する事で生じ始め、最終的にサラサラで突っ張り感を覚えるまでになります。

効き目には個人差があるわけですが、少なくとも今より汗の量を抑えられる可能性があります。手のひらに水滴ができる場合は、イオントフォレーシスによって、量が減少する結果に至ります。

物に手が触れると濡れてしまう人も、手のひらがシットリする程度に汗が抑えられます。
光にかざすとようやく汗が光って見える、その位に改善効果が現れるケースもあるほどです。

家庭用機器は安全に配慮する必要性が高いので、出力は抑えられています。一回の使用で劇的な効果が得られる可能性は低いですが、継続して使い続けることで、少しずつ汗が少なくなってきます。塗るタイプの汗ケアだと限界がある、そう感じている人にイオントフォレーシスは朗報です。

イオントフォレーシスは毛穴や汗腺に蓋をすることから、発汗を抑える汗ケア効果を発揮します。
家庭用機器も原理は共通で、微弱電流でイオンを作り出して汗を作り出す汗腺に働き掛けます。
所要時間は最低10分から30分といったところで、1週間から2週間使用すると効果が見え始めます。

>>10-15分でケアできるイオントフォレーシスはこちら

市販されているイオントフォレーシスの家庭用機器の種類について

家庭用機器として販売されるイオントフォレーシスは、手のひら用や足用にタイプが分かれています。最もベーシックなのは手のひら用で、水を溜めたトレーに電極から電気が流れる仕組みです。

足用はトレーが大きめに作られていたり、足の形状に合わせて工夫されている場合もあります。
逆に手足共に共用となっていて、使いたい部位に合わせて使用できるタイプも存在します。

メーカーによっては腋用も販売しており、様々な汗の悩みを持つ人に汗ケアを提供しています。
腋用はトレーに水を溜める形にできないので、吸水性のあるスポンジなどに水を染み込ませて電流を流すため専用器具が必要です。

いずれも電池で動くものが多く、充電池を使うと経済的かつ継続的に汗ケアが行えます。コンセントで動作する製品は少数派で、安全上の理由で電池を採用しているタイプが大半です。中には特殊な形状の乾電池を使用している製品もあるので、ランニングコストを考えることが大切です。

イオントフォレーシスは、効果が発揮された後に使用を中断しても、暫くの間は効果が持続するのが特徴です。使い方次第で経済的に無駄なく、そして時間も節約できる汗ケアを実現することができます。

>>脇用付属品が選べるイオントフォレーシスはこちら

イオントフォレーシスの家庭用機器はどんな人におすすめ?

家庭用機器がおすすめなのは、汗に悩んで日常生活に支障をきたしている人です。また腋の汗の量が多く、臭いに悩んでいる人にもおすすめできる選択肢です。家庭用のデオドラント剤では解決できない、そういった悩みを持つ場合に向いています。

予め原因を特定したり、効果が得られる可能性があることを事前に調べるのが得策です。長年汗ケアに悩んでいて、成果が一向に得られていない人に、イオントフォレーシスは希望を与えてくれます。

家庭用機器は業務用のコンパクトバージョンで、使い勝手と安全性が両立しているものもあります。
つまり本格的なものが使えない場合にも、家庭用機器は期待に応えてくれるというわけです。

紙を触るとシワになってしまう、あるいは簡単に破れてしまったり、ヨレるので触りたくないなどの悩みも改善します。一方では触れた金属にサビが発生したり、ギターの弦が短期間で切れてしまう人にもおすすめです。

水分が大敵である電気用品を扱う仕事に従事していたり、携帯電話が濡れるために頻繁に壊れる場合も、イオントフォレーシスであれば、まとめて解決してくれる可能性を秘めます。他にも腋に汗ジミができて恥ずかしい、足が蒸れて靴や靴下が臭うなどの悩みに最適です。

>>業務用のコンパクトバージョンはこちら

イオントフォレーシス家庭用機器の選び方

汗専用のイオントフォレーシスは科学的に有効性が高いことがわかっています。したがって、家庭で使うことが前提の場合には、原理に基づいて作られているものを選ぶことが大切です。

販売国の承認機関で認められている製品なら、原理には問題なく効果に期待することもできます。あとは汗ケアをしたいゾーンに応じて、最適な家庭用機器を選ぶことになります。

腋用は販売するメーカーや製品が限定的ですから、選択肢は必然的に絞り込まれます。選び方においては他にも、消耗品の入手性とコストや使用できる電源も要確認です。

消耗品はフェルトなどのパッドで、イオントフォレーシスの家庭用機器の汗ケアに不可欠な物です。場合によってはメーカーが代用品を認めていたり、身近な物が代わりになることもあります。
使い勝手やランニングコストに影響する部分なので、購入前に事前チェックしておくことが肝心です。

電源はコストだけでなく、時に利便性にも関わる見逃せないポイントです。電池式は場所を選ばずに使用できるので、脇の汗ケアを行う人は自由に動き回れます。一般的な電池と互換性があれば、市販の充電池で経済的に汗ケアを続けることができるでしょう。

ACアダプタタイプは、安全性については電池タイプに譲りますが、電池のように充電や交換は不要で利便性が高めです。

販売店はあるの?

イオントフォレーシスの家庭用機器は、わが国では国内製造業者が売っていない状況です。必然的に海外メーカーの製品を選ぶことになるので、代理店の存在や販売ルートが焦点となります。

今の所、正式に代理店契約を結んでいる販売店はなく、個人で輸入して使う方法が一般的です。ただし代行という形で輸入したり、販売を行っている販売店は存在しています。直接的に本国から取り寄せるのに比べて、手数料は発生してしまいますが、日本語で手続きややり取りが行える利点があります。

輸入する機器の使用は自己責任なので、販売店のアフターフォローにはあまり期待しない方が良いでしょう。販売店があるかないかでいえば、日本語で製品を取り扱ったり対応している業者があります。しかし正式な代理店ではなく、輸入代行という形式で仲介を行うイメージです。

サービスは製品の取り寄せと注文者宛ての発送で、オプションで検品サービスが提供されたりします。英語ができて輸入に抵抗感がなければ、日本向けにも販売するメーカー公式の販売店が利用できます。

日本語のサポートには期待できませんが、公式の販売店で正規品が手に入る点は魅力です。
店頭に足を運んで気軽に購入できる、まだそういった状況ではありませんが、入手に役立つ販売店は少なからず登場しています。

>>日本語で購入可能なネット通販はこちら

家庭で使う場合の注意点は?

家庭でイオントフォレーシスを使用する時は、肌の状態を見ながら継続を考えることが重要です。最初の1週間から2週間は、特に何も変化を感じないことがあるので、焦らずに継続する必要があります。

それ以降は成果を見て、乾燥が進んでいるようなら一度利用をストップします。再び汗が出始めたら再開の合図で、もう一度イオントフォレーシスでイオンを導入することになります。

家庭用機器は利便性が高いので、汗ケアを終えたらついつい簡単に片付けてしまいがちです。
水や汗で濡れてしまうので、そのままだと衛生面に影響があります。

中でも足に使用するのであれば、使用後に洗ったり良く乾燥させて、清潔な状態を保つ必要があります。洗浄には家庭用の中性洗剤を使い、柔らかいブラシなどで汚れを取り除くと効果的です。後はすすいで水気を十分に吸い取り、風通しの良い場所で乾燥させるのが理想的です。

それでも衛生状態が気になるなら、消毒用のアルコールで軽く拭き取ると殺菌になります。ただ、場合によっては消毒液を用いることができないこともあるので、説明書を確認したりやメーカーに問い合わせるのがベターです。

フェルトやパッドなどは定期的に取り替えて、何時でも良好なコンディションを維持しましょう。
電池は残量がなくなると効果が薄れるので、電圧の低下に気を付けつつ交換や充電を行い、常に効果が発揮されるようにします。

↓イオントフォレーシスSaalioはコチラ↓

http://saalio.com